2010年06月07日

iPhoneでWebページを閲覧しよう


携帯電話でインターネットを閲覧するというのは、少し前までは決して利口な行動ではありませんでした
パケット代がかなりかかってしまいますし、携帯用のホームページやサイトも少なかったのでうまく表示されないし、閲覧にも時間がかかっていたからです

しかし、今は携帯で見る事を前提としたサイトもかなり増えてきており、PCと携帯のどちらからでも閲覧可能なホームページがほとんどという状態になってきています

さらに、近年は特別な配慮をしていないサイトでも、特に不自由なく閲覧出来る様になりました
その代表が、iPhoneの目玉であるブラウザ「Safari」です

iPhoneの「Safari」でWebページを見るには、まずホーム画面上の「Safari」をタップします

タップすると今度はブックマークに飛ぶので、そこから自分が見たいポータルサイトへ向かいます
「Yahoo!」、「Google」などがありますが、たとえば「Yahoo!」を利用するとしましょう
すると、次は「Yahoo!」にある色々なコンテンツのアイコンが表示されます

また、下部にはニュースが表示されているので、そこをタップすると、そのニュースの詳細記事を見ることも出来ます
インターネットをパソコンで見るのとほとんど変わらない感覚で見ることが出来ます
しかし、画面が小さいので、文字をどの大きさで表示するかという点が重要となってきます
その場合、その箇所をダブルタップすると文字が拡大しますので、覚えておくと便利です
posted by ミム at 23:51| Comment(0) | iPhoneの様々な機能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。